感性と向き合う


描く前

・雪が降っており、より冬の季節感を表している。

・葉が落ちた木の枝の隙間、電線の隙間、降る雪の隙間。隙間が気になる。


描いた後

・年末に描き、年明けに描き直していたのだが、何が描きたかったのかわからない。闇雲に線を描いているような気がする。

・何か新しいことをしていきたいというチャレンジ感は伝わるが、意味もなく線を重ねている気がする。

・まず、第一に楽しんで描いていこう。

(スクール生の原文のまま)


自身、感性を向き合うことで様々なことが見えてくる。そのことから季節感が意識するようになる。

閲覧数:13回0件のコメント