絵を描くことの楽しさ。

障害者とアート


彼と僕と図れるコミュニケーションは、アート。 そこには、クオリティだとか技法は皆無に近い。 僕が絵に対するアドバイスよりも描くことが楽しい。

今回は、図鑑を見て描写している。

彼が本来持つアートに対する能力を引き出すべきだと考えているが、彼自身がそれを望まない。 図鑑に載っている昆虫は、もっと精密。 その精密さは、表現ができない。それで輪郭までは、模写しているがそこから先は、彼の独創が発揮されている。 そのあたりを伸ばすことで全てが独創につながるのではないかと時間をかけている。 そのことを彼は知ることもなく日々楽しく絵を描いている。




閲覧数:4回0件のコメント